ごあいさつ


当社は30年の間ヘルメットを製造していた経験を生かし、高い品質と性能、かつリーズナブルな価格を実現すべく商品開発・輸入販売を行っております。そして、時代のニーズに合った当社独自のCost Valueの高い製品を供給することにより、社会に貢献していきたいと考えております。

  • 当社は1962年から1991年までの30年間、日本国内の自社工場でヘルメットを製造しておりました。
  • 1980年代から始まった円高に伴い、海外での生産を模索し台湾メーカーからのOEM商品生産を始めました。東南アジアで生産すれば、良質で安価な商品が作れると考えたからです。
  • 製品の企画・開発は日本で行い、生産は海外で行う。かつて自社製造していた経験を生かし、海外協力メーカーの選定には品質管理に優れた会社を特に選別して協力体制を構築しております。
  • 過去20年における当社の海外協力工場の品質・開発力・コストにおいては日本のメーカーにも負けない目覚しい発展があります。
  • 製品本体における高い機能(Function)を自社設計し、海外でのOEM生産によりCost Value(リーズナブルなコストで価値の高い商品)を実現し、Quality(品質)を追求することが当社の3大方針です。

今後も社会的使命と責任を強く自覚し、より一層社会に寄与できるよう心がけてまいります。
皆様方におかれましては倍旧のご厚情とご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

社長
代表取締役  渡辺 猛彦


会社概要

社 名 マルシン工業株式会社
創 業 昭和23年(1948)7月
設 立 昭和33年(1958)7月
資本金 5000万円
代表者 代表取締役 渡辺 猛彦
事業内容 ヘルメットの企画・開発、製造
所在地 本 社
東京都葛飾区四ツ木5丁目9番6号 〒124−0011
TEL(03)3693−5791(代)
FAX(03)3693−5762

牛久物流センター
茨城県牛久市神谷5丁目7番3号 〒300−1216
TEL(029)873−3336(代)
FAX(029)873−3337
加入団体 日本安全帽工業会会員
日本商工会議所会員
取引銀行 三菱東京UFJ銀行 向島支店
三井住友銀行 葛飾支店 当座預金 288344
牛久物流センター

牛久物流センター

当社のご案内図
本社MAP
牛久物流センターMAP



沿革

昭和23年(1948)7月
渡辺 信(故人)の個人経営で、自動車用シートならびにオートバイ用風防の製造販売を目的として創業。
昭和33年(1958)7月
株式会社に改組。その後業界でヒット商品となるレッグ・シールドの開発に成功し、会社の基礎を築いた。
昭和37年(1962)
ヘルメットの開発に着手し、製造を開始する。
昭和45年(1970)
オートバイ用ヘルメットのメーカーとしてJ.I.S.表示許可工場となり、日本国内をはじめ欧米向けにも販売を行う。
平成3年(1991)
日本国内での需要減少および高コスト化などの問題により、日本国内での製造を中止し、全量を東南アジアで委託生産する体制に移行する。
以後、メーカーとしての立場で国内で商品の企画・開発を行い、親密な協力関係にある中国の企業(台湾資本)を主たるOEM提携先とし、他にも中国、台湾からOEM供給を受けて日本国内で卸売販売を行っている。
OEM提携先の中国企業の社屋
製造ライン風景(組立工程)